アトピーで出来た傷って治るの?

アトピーで悩んでいる女性の人にとって、気になることの1つに、肌が乾燥して痒みが押さえきれずに掻きむしって出来てしまった傷・・・これって治るものなのでしょうか?

基本的にアトピーの症状として痒みを伴う湿疹があるので、痒くて痒くてたまらない、思わず掻きむしってしまった、という事も良くある話です。

ただし傷となって残ってしまうとなると、女性としては気になるところですよね。

時間をかければ傷も消える

寝ている間に掻かない工夫を 掻きむしったことで出来てしまった傷ですが、跡になるのはヤッパリ嫌ですよね。一番良いのは掻きむしらないことですが、夜寝ているときや無意識のうちに掻きむしってしまうこともあります。

そんな時に出来てしまった傷はすぐに元通りにはならないですが、数年もすれば気にならなくなります。もちろん、全く何もせずに傷が消えるということは無いので、新陳代謝を良くして自分の体の自然治癒力を信じましょう。

アトピーの人は新陳代謝が悪い人も多いので、新陳代謝が良くなるような食べ物を食べるようにしたり、運動をして代謝をアップさせるようにするといいですよ。

ただ汗をかくということはアトピーの人にとっては痒みを伴うので大変ですが、体を動かした後に体を清潔に保ってお薬を塗れば問題ありません。

それに体を動かすということはストレス発散にも繋がるので、「汗をかくと痒くなるから体を動かさない」と言う人は、傷を残さないという意味でも、新陳代謝をアップさせましょう。

もしお肌の状態が悪いようならみんなの肌潤糖を試してみて下さい。お肌の保湿性がアップしますよ。